美大のクソ権威主義の夢を見たのでメモ

今日見た夢がクッソ不快だった…

自分のリアル怒鳴り声で目を覚ましちまったんだ

 

学校に新任教授が来る夢だった。

その新任教授というのは、50代くらいの男性教授でぼくの学科の女性教授と昔から面識のある人物というはなしだ。

モニターがある大教室に学科の全員が集められて、教授たちも立ち会いのもとで新任教授の紹介がはじまった。

前述の女性教授が面白くもない冗談を言いながら、(冗談のたびになぜか前の方に座ってる友達もいないような隠系真面目生徒が笑い声をあげる)新任教授の紹介をした。

そして、問題の時間が訪れる。

女性教授の紹介のあと、新任教授が立ち上がって自身の作品のスライドをモニターで見せ始めた。

最初、何気なく見ていたぼくも途中から眉間にしわを寄せた。そして、隣の男がぼくの脇腹を小突いて言ったことで確信を得た。

「あれ、全部パクりじゃね?」

そうだ!まさに全ての作品に共通して既視感があった!

イサムノグチ丸々同じみたいなものもあれば、まんまマルセルブロイヤーもあった。

パクりじゃなさそうなものもあったが、それはレゴブロックで作られた巨大な船だった。ふざけてんのか。レゴランド行け。

一通りスライドが終わって、新任教授への質疑応答の時間になった。

そこで、最前席の友達のいなさそうな真面目系隠キャ生徒が手をすばやくピシッと(笑)手をあげる。

「先生の作品どれも素晴らしいものだったのですが、その中で特に思い入れの強いものはありますか?」

月並みな質問だが、おそらく真面目系隠キャくんもあの作品群に既視感があったのだろう。最高に皮肉のきいた質問だ。

あのパクり軍団の一体どれに思い入れがあるんだよ…と思いながら、応答を心待ちにしていると新任教授がスライドを戻しつつ、応えを返してきた。

「これ、ですね」

レゴブロックのやつじゃねーか!ふざけんな!レゴランド行け!

ぼくは、たまらず手を挙げた。

「先生の作品どれも拝見させていただきましたが、正直言って全く面白くないです。」

周りの生徒がハッとしてこちらを向く。

教授の何人かは眉をひそめるがニヤニヤ笑ってる人もいる。

ぼくは続ける。

「おそらく、どの作品も著名な方々の作品のオマージュ、悪く言えば、パクりであると思われます。それに、思い入れの強い作品がレゴブロックの船?子供の道楽にしか見えませんし、美術教育に携わる人間の作品としてふさわしいと思いません。それとも、レゴに制作を依頼されて作ったものですか?プロのレゴビルダーやってるんですか?確かあれって日本に1人か2人しかいないんですよね?バイトで作ったんですか?他作品がパクりだらけだから他に紹介しようがないんじゃ…「「もう質問いいですか!じゃあこれで解散にしますねー。」

喋ってる途中に唐突に遮られた。例の女性教授だ。

「先生ありがとうございましたー。いやぁ先生の話非常に興味深く聞かせていただきましたー。あとで、ゆっくり話しましょう!」

女性教授がぼくの声に被せて続ける。

ぼくはたまらず食ってかかる。

「まだ、ぼくが話してる最中だろ!教授様の作品は学生が批評しちゃいけねぇってか?!ふざけんなよこの野郎!」

気がついたら、現実で怒鳴っていたらしくぼくは目を覚ました。

 

ぼくは夢だったけど、おそらく、美大生は多かれ少なかれこういう経験をしたこと、見たことはあると思うんだよね。

結局、大学ってのは教授が偉い縦構造の権威主義でさ。

それが、表現をする場の美術大学ってなると、より一層タチの悪い形で現れてくるんだよね。

もはや教育者による価値観の押しつけね。

現代日本じゃ絶対ゆるされない思想統制みたいになっちゃってるとぼくは思うよ。クソ美大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフブランディングってなんじゃらほい

みなさんセルフブランディングっつーもんに気ぃ使ってますか?

ぼくの周りの美大生のみなさんはおそらく神経衰弱になっちまうんじゃないかってくらい気にしてるように見えますね。

でも、それは素晴らしい事だと思いますよ。

ここ最近のぼくはと言いますと、実りのない就職活動に貴重な毎日を肥やしにしております。

就職活動の中にもグループ面接というもんがありますね。

このグループ面接とかいうのが、ぼくは、そりゃあもう大嫌いなんですわ。

そもそも他人の話に興味のないぼくが、なんで面白くもない駄学生のクソみたいなアルバイト話を延々と聞かされにゃあならんのか…

という話は置いときまして、

こんな風に美大生以外の駄学生の話を聞くというのは、ぼくのように美大でしか交流をもたない排他的ナード野郎にはとても新鮮なんですわ。

そんな中で、とにかく周りの駄学生たちに思うことは一つですよ。

そりゃあもうほんっと個性がなさすぎる!!

出会って3秒で忘却!って感じ。

そもそも、テンションまで闇の底に堕ちちまいそうな真っ黒なリクルートスーツ、かわいらしいお耳出したお猿さんみたいなヘアスタイル、馬鹿丁寧でよそよそしい口調、

全員がこんなパーソナリティアイコンしか持ってなかったら、目に付くのはブスかカワイイかですよね。悪いけど。

そんな中でね、じゃあ、どうしたらその現状を打破できるのかって言ったら、日々のセルフブランディングだと思うのですよ。

でもまぁ、ぼくもセルフブランディングとかいう単語に造詣が深い訳でもありませんので、ここではあくまで"個性を放つ"的な解釈だと思っといてくだせ。

実際、皆さんもおそらくわかると思うんですけど、人には誰しも雰囲気ってあるじゃないですか。

例えば、服装とか目線、唇の形とか匂い、佇まいや声と口調、

こんなものって普段からそれらが一貫していれば、どれか一つ欠けたところで、その人のイメージ、雰囲気っていうもんは変わらないと思うのですよ。

ファーストインプレッションは見た目と言いますけど、見た目も含めた雰囲気が人に与える第一印象だとぼくは思うのですよね。

ジムキャリーがどんな真面目な役をしてもコメディに見えたり、北野武が画家やってもヤクザに見えるのと同じですわ。でんでん似のじじいなんてよくいますけど、あいつらは全員人殺しの〇〇〇〇です。

とりあえず、そういうのがぼくの言うセルフブランディングってやつですわ。

おそらく、日頃から自分のブランディングが出来ていれば、初対面でもその人の人柄みたいなもんがぶわっと一発で伝わってくるもんだと思うのです。

現に、創作活動をしてる方々なんてのはそういうところありますよね。単に風呂入ってないだけかも知れないけど。

んで、一般駄学生はそれがまっことに出来とらん、とぼくは思うのです。そんな話。